年末調整の書き方 扶養控除は?配偶者の場合は?保険の控除は?

zei
スポンサードリンク


年末調整は毎年のことなのに、どんな書類を用意すれば良いのか戸惑います。
なんとなーく、見ただけで拒絶反応が。
書類が正確にかけてさえいればいいんです。
今回は一般的なパターンを簡単にまとめてみました。
  

年末調整の書き方 扶養控除

  
年末調整において必要となる書類は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「保険料控除兼配偶者特別控除申告書」の2種類があります。

「扶養控除等(異動)申告書」
1年間に給料から天引きされた所得税の過不足を調整すると共に、扶養している家族や配偶者に関して申告を行ない、
個々の事情に合わせて税金を軽減(控除)するための申告書です。
扶養親族とはあなたと同居している「年収が103万円以下」の配偶者以外の親族(16歳以上)がこれに該当します。
また同居していなくても、あなたの仕送りにより生活している親族で、年収が103万円以下の人もこれに該当します。
分かりやすく言うと
16歳以上の子どもや親を養っている場合は「扶養控除」があります。
大学生ならば「特定扶養」でさらに優遇あり、70歳を超えた親を養っていれば税的優遇が大きいのです。

「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
  

年末調整の書き方 配偶者

  
婚姻関係のある夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」の対象となるのは、収入のある配偶者のみに適用されます。
完全に収入がゼロの配偶者(専業主婦)は、給与所得者の扶養控除等申告書にて基礎控除の38万円が控除されることになっています。
「配偶者控除」は、配偶者の所得が 38 (給与収入で103) 万円以下であることが条件です。
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。

kyuuyo

もう少し具体的に言うと
配偶者(奥さん)が仕事をしている場合
ここで問題になるのが、「給与収入103万円の壁」と「同 141万円の壁」と呼ばれているものです。
収入金額が103万円であれば、年間103万円も収入があったにもかかわらず、まったく無職の専業主婦の方と同じ控除額38万円となります。
そこそこ配偶者が稼いでいて、年収が103万円を超え配偶者控除の対象外になった場合でも、
年収が141万円未満であれば「配偶者特別控除」という税的優遇を受けることができます。
また、141万円を超えてしまうと、「配偶者特別控除」が適用されず、扶養から外れることになります。

配偶者(奥さん)が途中で仕事をやめて専業主婦になったとしても、所得が76(給与収入 141)万円以上であれば控除の対象とはなりません。
逆に共働きでも育児休業中であれば、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」が受けられるかもしれませんのでこれは要チェックです。

結婚している人、子どもがいる人、親の面倒をみている人は扶養控除、配偶者控除で税的優遇(=控除)を積み上げることができます。
これらがサラリーマン節税の最重要ポイントとなります。
  

スポンサードリンク


年末調整の書き方 保険

  
「保険料控除兼配偶者特別控除申告書」
保険料控除には以下の4つがあります。
①生命保険料控除
②地震保険料控除
③社会保険料控除
④小規模企業共済等掛金控除

生命保険料控除について
支払った保険料に応じて決められた金額が1年間の所得から差し引かれ、結果として所得税や住民税が減額されることを言います。
生命保険料控除は、生命保険料を支払った場合に適用できます。
対象となるのは、保険金受取人が年末調整を受ける本人もしくは本人の配偶者、またはその他の親族(6親等内以内の血族と3親等以内の婚族)である生命保険です。
10月頃に保険会社から送られてきている「生命保険料控除証明書」が必要です。
この証明書は「一般用」「介護医療用」「個人年金用」があります。
保険会社から送られてきた「保険料控除証明書」をしっかりと読んで、
自分が加入している保険料がどの区分に入るのかチェックしてみてください。

life

保険の区分や新・旧のいずれかを明確にすることが一番のポイントです。

一般の生命保険料控除は限度があり、その年に支払った保険料8万円まで(旧生命保険料控除対象の場合は10万円まで)
が控除の対象になります。
ですから、記入する順番として
旧生命保険料控除対象の保険料の高い保険→旧生命保険料控除対象の保険料の安い保険→
新生命保険料控除対象の保険料の高い保険→新生命保険料控除対象の保険料の安い保険
の順でいくとよいと思います。

地震保険料控除について
地震・旧長期の区分があります。
控除証明書のどこかに、地震保険料なのか旧長期損害保険料なのかの記載があるはずなので確認してください。
地震保険料の控除額は全額(最高5万円)です。
記入する順番としては
地震保険料対象の保険→旧長期損害保険料対象の保険でいいと思います。

大多数の方はここまでの記入で完了すると思います。

※気をつけたい点
夫の税金をなるべく安くすべく、家族みんなの保険を出来る限り夫の年末調整で控除申告したいところですが、
妻が契約者の保険類は、夫の年末調整で申告しないほうがいい場合もあります。
なぜなら、控除の申告をしてしまうと、もしも妻が亡くなってしまって死亡保険金を夫が受け取ることになった場合
割高な税金を徴収される可能性があるからです。
  

まとめ

  
多くの項目は毎年同じなので、書き終えたらコピーを取っておくといいかもしれませんね。
翌年の年末調整の際に楽に記入することができるでしょう。
面倒くさく、苦手意識の高い年末調整ですが
申告するだけで、数万円の節税、還元の可能性がありますよ。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 86c44094884a2177f28905e00b891624_s
  2. bounenkai1
  3. dai
  4. 7473aac858dd5ee6af43d5b4d923c3ca_s
  5. 515ef3f145a0377d1c08223b220589ab_s
  6. 31dce9b837bcc719a9ba4a3058a587ca_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を