インフルエンザ対策にはどんなグッズがある?湿度はどの位?予防法は

masuku
スポンサードリンク


毎年、12月~3月の間に流行り始める
インフルエンザには、戦々恐々ですね。

小さい子供や高齢者などは、
インフルエンザが重症化する
傾向にあります。

そもそも、インフルエンザは
風邪とは違い、抗原性が変化しながら
蔓延しますから

免疫が追いつかずに、毎年
命を落とす人も出てくるのです。

なんとしても感染しないように
自衛したいですね。
  

インフルエンザ 対策グッズ

  
インフルエンザに罹患しないためにも
日頃から対策グッズを揃えておくと
安心感が違います。

ウイルスは乾燥した環境で活発化しま
すので、加湿器付きの空気清浄機は、
毎年定番のように売れます。

kashituki

12月~3月まではインフルエンザ対策
に力を発揮しますが、4月からは花粉
症にも対応するので人気が年々高まっ
ています。

また、定番といえばマスクです。

海外の人々からは、日本人は常に
マスクをつけてると揶揄されることも
ありますが、そのおかげで随分と感染
のリスクが抑えられているのは、
紛れもない事実です。

マスクも多様な特徴を持ったものが
多く販売されていますので、
いくつか種類を買い揃えて、
いざというときに使用してほしいと
思います。
  

スポンサードリンク


インフルエンザ 対策 湿度

  
インフルエンザを語る上で、欠かせな
いのが湿度です。

インフルエンザは湿度が50%以下の
乾燥した状態で活発化します。

しかし、じつは70%以上の湿度でも
危険なのです。

インフルエンザに限った事ではなく、
ウイルスというのは、湿度が高すぎて
も低すぎても活発化してしまう
ものなのです。

インフルエンザが活動できない湿度は
50%~60%です。

この湿度を念頭に加湿器などで対応す
れば、インフルエンザが部屋の中で活
動を開始する事はありません。
  

インフルエンザ 対策 予防

  
インフルエンザの感染経路は2つ
あります。

それは、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染とは、感染者の咳やくしゃみ
などからウイルスが放出されて、
そのウイルスを吸い込み感染する
ことです。

接触感染は、感染者がくしゃみや咳を
した際にそれを手で抑えることになど
により手に移行したウイルスが、周辺
のものに付着して、次にそれに触れた
人が感染してしまうことです。

こうした感染経路を遮断するためには
手洗いとマスクなどの予防方法が一番
です。

殺菌効果のある石鹸などで、小まめに
手を洗うことで、接触感染を防ぎます
し、マスクを着用することで、飛沫感
染を防ぎます。予防とは意外とシンプルな
事ばかりなのです。
  

まとめ

  
免疫力が落ちると、インフルエンザが
重症化してしまいます。

日頃から健康に留意して、無理をせず
にいざという時の、体力を温存して
おきたいものですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bunkasai1
  2. 9a8a2305ade9a19d81792b4dba106f13_s
  3. 31dce9b837bcc719a9ba4a3058a587ca_s
  4. dai
  5. iPhone 009
  6. 478e7575bc1039735490e4e40a530140_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を