ボジョレーヌーボーの解禁日とは?2015年はいつ?イベントはどんな?

Beaujolais Nouveau 2
スポンサードリンク


寒くなってきた11月のイベントの一つ
といえば、ボジョレーヌーボー
解禁ですね。

今や国民的なイベントとして定着し
つつあるボジョレーヌーボー解禁。

当日は、フランスのボジョレー付近
だけでなく、日本でもあちこちで
パーティーが開かれています。

皆でわいわい言いながら気楽に楽しく
ボジョレーヌーボーを飲めることが
いいのかもしれませんね。
  

ボジョレーヌーボー 解禁日 とは?

  
ボジョレー ヌーボーとは、フランス
のボジョレー地区でその年に収穫され
たブドウから作られる一番新しい
お酒なんです。

毎年11月の第3木曜日に解禁となり、
「旬を味わう、旬のワイン」として、
世界中で楽しまれています。
由来は、その年のブドウの品質が
良いか悪いかを確認するために作ら
れていると言われています。
この解禁日は、ワインの早出し競争が
激化して品質が低下することを防ぐ
ために定められました。

そして、この年も無事にブドウが
収穫できたことと、美味しい
ワインができたことを感謝する
日でもあります。

ボジョレーヌーボーの特徴は
・普通の赤ワインよりも醸造期間が
短いため、渋みが少ないこと

・フルーティで飲みやすく、
口当たりが優しくまろやかなこと。

・フレッシュな風味があること。
女性ファンも多いワインです。

ボジョレーヌーボーには、普通の
ボジョレーの他に、
ボジョレー・ヴィラージュと
呼ばれるものがあります。

限定された製品で収穫量や
アルコール度数などの基準も厳しい
上級ランクのワインです。

初めての方なら2000円から3000円以上
するものをオススメします。

極端に安価なワインは避けた方が
無難かもしれません。

特に売価が1000円を切るような
ボジョレーヌーボーは遠慮する方も
多いようです。

値段ではなく、具体的なブランド名
や生産者名が知りたいという方には

「ドミニク・ローラン」
「ルロワ」
「デュブッフ」

が人気があってオススメです。

一般的なワインと違い出来れば
早目に飲むのがいいです。

通常、赤ワインは冷やさずに
飲むのが定番ですが、飲む前に12℃
くらいにしておくとワインの風味を
一番感じられます。

飲む一時間前に冷蔵庫に入れときましょう。
おつまみは軽いワインなので、
白ワインに合うようなものなら
だいたい合います。
  

スポンサードリンク


ボジョレーヌーボー 解禁日 2015

  
2015年の解禁日は11月19日です。
毎年、11月の第3木曜日午前0時
と決まっています。

解禁日前に発売するのはフランスの
ワイン関連の法令により違反となっています。

けれども、日本のスーパーマーケット
の中には、解禁日を待たずに販売して
いるところがあるのも事実です。

外国の法律なので関係ないんで
しょうかね?どうせワインを楽しむん
だったら解禁日を待って、
美味しく楽しく頂きたいですよね!

ボジョレーヌーボーの出来ばえは
ボジョレ地区の天候、葡萄の出来、
収穫量に影響されます。

今年はボジョレー地区の天候も、
雨が少なく晴れの日が続き、
ぶどうも濃縮された美味しいものが
出来ているとのことです。

順調にいけば当たり年と言える
状況になるのではないでしょうか。
なので2015年の出来は、
大いに期待できそうです。

昨今は異常気象、自然災害が
多いように思いますが、
今回のボジョレーヌーボーに期待して
素敵なものになってくれていることを
願うばかりです。

今年のボジョレーヌーボーを
楽しみにしたいです。

さて、解禁はなぜ
『11月の第3木曜日午前0時』
なのでしょう?

その理由は

当初、解禁日は11月15日でしたが、
この日が土日にあたると
ワイン運搬業者がお休みに
なってしまうため、
1985年より11月の第3木曜日に
改定されたそうですよ。
  

ボジョレーヌーボーの解禁日 イベントはどんなのがあるの?

  
日付変更線の関係で、世界で1番早く
解禁日を迎えることができる日本では、
ボジョレーヌーボーが世界で一番早く
発売されるため、例年大きなイベント
としてニュースでもよく取り上げ
られています。

日本ではボジョレーヌーボー人気で、
ボジョレーヌーボー総生産のうち
4分の1は日本で消費されてるそうです。
日本国民の10人に1人は
ボジョレーヌーボーを買う計算に
なるそうです。

Beaujolais Nouveau 1

初物好きで限定品に弱い日本人の心を
うまく捉えたといえますね。笑

余談ですが、英語でボジョレー
ヌーボーを表現すると
どうなるのでしょう?

ボジョレーヌーボーという単語自体は
フランス語になるので
外来語扱いとなるのです。
そして日本でもよく使われる
リリースという表現を使います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Beaujolais Nouveau was released today
(ボジョレーヌーボーは、今日リリースされました)

Beaujolais Nouveau was released on the third Thursday of November.
(ボジョレーヌーボーは11月の第三木曜日にリリースされました。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、こんな表現になります。

ボジョレーヌーボー解禁日は都内でもイベントが満載です。
2014年にあったイベントを見ると。
「ボジョレーヌーヴォー1000円4時間飲み放題」
「クルーズ プラン」
「飲み比べの飲み放題」
「ネオ屋台スーパーナイト」
「フードフェスティバル」
「ボジョレーヌーボーとミュージックナイト」
などなど、どのイベントも楽しそうですね。
  

まとめ

  
「どんなブドウが収穫できたかな?」
「今年はどんな味かな?」
って感じでお祭り的に飲むくらいの
気持ちでいいのかもしれませんね。

ちなみに、ボジョレーヌーボーを
造る際に使われるブドウ
(ガメイ種)は、赤ワイン用の
ブドウの品種なので、
白いボジョレーヌーボーっていうのは
存在しないそうです。なるほどー。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hinamaturi
  2. 97cbc6c3b74b0d085c07263b9a316632_s
  3. 83734313b240ff4e4dbe2e03613c1c5f_s
  4. 91a44ce7c698339eccbb40ea6f4c9a87_s
  5. fa1
  6. b4d81dc7d93165223fcd56b36e470de6_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を