川越祭りの日程は?アクセスは? 山車の迫力は?

photocon13_l
スポンサードリンク


国指定重要無形民族文化財である、川越まつりの起源は慶安元年、川越城主が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓などを寄進し、祭礼を奨励したことから始まった由緒正しい祭りです。
  

川越祭りの日程は?

  
壮麗な山車が魅力の祭りです。平成27年の日程は、

10月17日(土)・18日(日)の2日間

に開催予定となっています。

川越祭りは昼と夜の二部構成で、全く違う顔をのぞかせます。

朝から晩まで、川越に留まって、昼は華麗で、豪奢な個性的な町内ごとの山車を見て回る楽しみがあり、夜は灯篭に幻想的な明かりが灯り、曳き方衆の提灯が乱舞する豪快な曳っかわせに心を奪われてしまうことでしょう。

his_reitaisai

出典:http://kawagoematsuri.jp/

夜のクライマックスは21時頃までです。町内どうしが山車に出会うと、囃子台の正面を向けて競い合います。

このとき勝ち負けはありませんがお互いがプライドをかけて競い合うのですから、提灯が激しく妖しく乱舞するのは、まことに壮観なのです。多くの人で賑わいます。
  

スポンサードリンク


川越祭りのアクセスは?

  
川越市は埼玉県南西部に位置する人口34万人都市です。市内の観光名所には年間620万人の観光客で賑わいます。

その中でも川越祭りは、川越市の大きな呼び物として重要な祭りと認識されています。

アクセスは、下記のとおりです。

電車:新宿から→JR埼京線(新宿駅)
快速で約50分 川越駅下車


車:東京方面→関越自動車道で練馬
I.C.~川越I.C. 21.2km


※ここで注意なのが、当日は終日、道路規制があります。

大規模な歩行者専用道路となりますので、車では来ないように呼びかけられています。電車で行くようにしてください。
  

川越祭りの山車の魅力は?

  
川越祭り最大の売りといえば、山車です。日本中から、この山車を見物しに祭りにやって来るといっても過言ではありません。

江戸系川越型と呼ばれる山車で、その絢爛豪華たるや一度見ると、忘れられそうにない美しさなのです。何度でも行きたくなる祭りです。

構造は二層の鉾と人形になっており、上層に出る部分と人形は、それぞれ迫り上げ式のエレベーター構造という画期的なものです。

伸び縮みする人形部分に注目してください。

町内ごとの29台の山車が居並ぶと、迫力満点の圧巻さです。

女性に人気の岸町二丁目の木花咲耶姫の山車は、上段四方幕に富士山と桜があしらわれています。

また宮下町の山車は、日本武尊の凛とした人形が魅力的です。他にも牛若丸や、家康に素戔嗚尊と町内ごとの山車に見蕩れるばかりとなるでしょう。
  

まとめ

  
気がつけばあっという間に1日が過ぎてゆく、そんな時間を忘れてしまう祭りが、川越祭りなのです。

悠久の時を感じさせる、日常から遊離した空間に誘われます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 8247387fc8c1cf4481f343d3f51590e0_s
  2. 20110806222344894
  3. kawagoe4
  4. hiratsuka2
  5. 515ef3f145a0377d1c08223b220589ab_s
  6. saijyoum

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を