土用の丑の日とは?うなぎとの関係は? 2015年はいつ?

b2c2919d70a900a5555b7108c096b25e_s
スポンサードリンク


暑さも真っ盛りの8月

スーパーや商店街の魚売り場には、「土用の丑の日」のポスターとともに
うなぎが所狭しと並びます。

この土用の丑の日とは、どういったものなのか気になったので調べてみました。
  

土用の丑の日とは?

土用の丑の日とは、どんな意味があるのでしょう。

土用というのは、土曜日の事ではありません。
ただ、古いカレンダーの呼び方と考えて頂けるといいでしょう。

土用というのは、1年に4回18日ずつある節の一つで
土用の丑の日とは「土用」期間中の「丑の日」ということです。

「土用」とは春夏秋冬それぞれの終わりの約18日間のことで、
五行思想の「木・火・土・金・水」を季節に対応させたときに、
春夏秋冬の四季では数が1つ合わないために、
各季節の終わりの約18日間(年間で約72日)を「土」に対応する期間としたものです。
「丑の日」は日に十二支をわりあてたもので12日ごとに回っています。
  

土用の丑の日 うなぎの関係は?

「夏の土用」は一年で最も暑い大暑の時季・陽の時季にあたるため、
そのなかで陰・冬(寒)に対応する十二支の「丑の日」に、
「う」のつくもの・黒いものを食べることで、
陽(暑)に陰(寒)をとりこむという意味があります。

うのつくもの、確かにうなぎは「う」がつきますね。
でもこのうなぎを食べる習慣が始まったのは、江戸時代。

スポンサードリンク


一方、平賀源内が発案したという話しもあります。
とある鰻屋さんの商売がなかなかうまく行かずに、平賀源内に相談したところ、
源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」
という上記の五行思想からヒントを得て
「本日土用丑の日」書いて店先に貼るよう勧めたんです。

現代で言う広告、キャッチコピーですね。

博学な源内の言うことならということで、その鰻屋はたいへん繁盛したそうですよ。
その後、他の鰻屋もそれを真似るようになって、現在の土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したとされています。
  

土用の丑の日 2015

さて、2015年 土用の丑の日はいつなのでしょう?

土用は、五行に由来する暦の雑節。1年のうち不連続な4つの期間で、
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつあるんです。。

一般的には、夏の土用の事を指すのですが、これは、立秋前の18日間を指します。
夏の土用には丑の日が年に1日か2日あります。

 
2015年 立秋は8月8日ですので、

土用の入りは  7月20日
土用の明けは  8月 6日

丑の日は、7月24日 と8月5日ですので、
夏の土用の丑の日は

7月24日 8月5日

になります。
  

まとめ

8月は暑いですしね、食欲もなくなる時期だけれど
例え平賀源内さんが作った風習だとしても
なんかうなぎ食べると元気になった気になりますよね。

夕飯を毎日健気に考えているお母さん

うなぎはちょっとお高いですが、夏の疲れをサポートするビタミンEが豊富ですので
この土用の丑の日には、ちょっと奮発して、メニューの一つに入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s
  2. maturi2
  3. 2b5d846395dcaa6db61be7e112d0993a_s
  4. fa1
  5. syougatu

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を