母の日 2017年はいつ?プレゼントは何がいい?花言葉は?

hana
スポンサードリンク


母の日は、いつも暖かく家庭を支えてくれるお母さんに感謝の気持ちを伝える日。
思いを込めて、母の日には心のこもったプレゼントを今から準備しましょう。
  

母の日 2017年はいつ?

  
さて、まもなくやっくる母の日。

2017年 母の日はいつなんでしょう。

2017年の母の日は 5月14日になります。

母の日は毎年5月の第2日曜 というのは多くの人が知っていることでしょう。

ですが、どうも覚えにくい。

女の子の節句は3月3日
子どもの日は5月5日
といった様に、日にちだったら、しっかり把握出来るのかもしれませんね。

ただ、この日ぐらいはお母さんものんびりしてよ。という心憎い計らいからか、日曜に設定されているのですが、
これがどうも覚えにくくなってますね。

ということで、この先5年間の母の日をリストアップしていきます。

2018年 5月13日
2019年 5月12日
2020年 5月10日
2021年 5月9日
2022年 5月8日

となっています。
今後の参考になさってくださいね!
  

プレゼントは何がいい?

  
母の日のプレゼント。毎年の事なので迷いますね。
  

母の日のプレゼントで人気があるのは何?

  
母の日のプレゼントで人気のあるものはなんでしょう。

20代から60代のお母さんにもらいたいものランキングは、半数を占めるのがなんとお花とスイーツなんです。
かくいう私も、母にはここ数年、変わり種のカーネーションやその他ゴージャスに見える花をプレゼントしています。
  

花以外だと何がいい?

  
でも、毎年花は贈っているので、今年は別のものを。と考えているあなた。

お母さんがいつも身に着けるものに感謝の気持ちを込めてプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。
アクセサリーやジュエリー、お財布やバッグも人気の母の日 プレゼントです。

その他エプロンや、化粧ポーチ、パジャマ、買い物カートなども浮かびます。

また、花以外の母の日のプレゼントとして人気なのがスイーツです。
テッパンの花・スイーツギフトにちょっと足すだけでも喜んでもらえるかもしれませんね!
  

中学生、高校生からの母の日のプレゼント

  
中学生、高校生のあなたがお母さんにプレゼントするなら
お母さんはなんだって喜んでくれるでしょう。

その気持ちが嬉しいから、手作りのものでも、
おこずかいで買ってきてくれた小さなキーホルダー一つでも
大喜びしてくれます。

心を込めて書いたメッセージカードを添えたら
益々喜んでくれるかも。
  

大学生、社会人からの母の日のプレゼント

  
モノをプレゼントするのもいいのですが、一緒に過ごす思い出をプレゼントするのも一つの案です。

50代、60代になると子どもとの一緒の時間を求めるお母さんが多いんですよ!

例えば、
評判のレストランに一緒に外食に行く
日帰りバスツアーに行く
遊覧船でのんびり水上散歩
スカイツリー、ディズニーランド、USJ、ハウステンボスに出掛ける

などなど。数え上げたらキリがありませんが。

男性だとちょっと恥ずかしいかもしれませんが、
こんなプレゼントをされたら
お母さん、喜んで、感動して泣いちゃうかも。
こんな日だからこそ、勇気を振り絞ってお母さまを誘ってみてはいかがでしょうか?
  

母の日のプレゼント 花のおすすめはどれ?

  
さて、母の日のプレゼント、定番中の定番。お花のおすすめはどんなものがあるでしょう?

人気なのはやはりカーネーションです。
ありきたりなのでは?とも感じますが、最近では変わり種の品種も多く
毎年贈っても飽きないバリエーションに富んだものが揃っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガーデンカーネーション サンフロール エスタ 9.0cmポット苗
価格:248円(税込、送料別) (2017/1/11時点)

スポンサードリンク


 

 

また時期的に、紫陽花も人気があります。

 

アジサイは日本で作られた花です。 昔ながらのアジサイの他、セイヨウアジサイも華やかで良いですよ。
日本のアジサイをヨーロッパで品種改良して作られたセイヨウアジサイ。学術名「ハイドランジア」としても知られています。

カサブランカもおすすめです。「ユリの女王」とも言われていて、香り高く気品のある花です。

  

まとめ

  
母の日には本当に良いプレゼントをあげたい!
お母さんは、そう思うあなたの気持ちが1番嬉しいんです。

あれこれ悩むよりも、「あっ!これ素敵!」と直感で感じたものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
お母さんも絶対喜んでくれるはずですよ。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を