天神祭とは?天神祭の場所はどこ?天神祭の見所は?

tenjin
スポンサードリンク


天神祭とは?

  
天神祭りはは1000年以上続く
日本三大祭りの一つ

祇園祭(京都市八坂神社)
天神祭(大阪市大阪天満宮)
神田祭(東京都神田明神)

毎年 7月24,25日に行なわれ,
毎年130万人もの人が訪れます。約100隻の大船団のかがり火と、5000発の花火が私たちを幻想的な世界へといざないます。

天神祭とは、菅原道真公が祀られているお祭りです。道真公の死後天変地異が多発したことから、天満天神として信仰の対象となりました。

もともと「天神」は「八百万の神」つまりすべての神を表す言葉で、道真公だけを指し示す言葉ではありませんでした。

しかし道真公の怨念が雷になって現れた、という噂が広まり、当時雷神信仰を敬わっていた農民から支持され 天神様として祀られるようになりました。

  

天神祭の開催場所はどこ?

  
開催される場所は 大阪市のど真ん中

大阪市北区桜乃宮公園・川崎公園周辺一帯で行われます。


  

スポンサードリンク


天神祭の見所は?

  
このお祭りの見所は、屋台、花火、船渡御(ふなとぎょ)ではないでしょうか?

船渡御は、神体や神霊を船に乗せて川や海を渡す行事です。
funatogyo
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E6%B8%A1%E5%BE%A1

大川に浮かぶ約100隻の大船集団とかがり火と、空には5000発の花火はまさに圧巻。

大阪の川を行き交う何隻もの船に上空にはもの花火。さらに花火のオープニングを飾るのは紅梅です。

これは、梅鉢形のオリジナル花火で菅原道真公にちなんで打ち上げられる、この花火大会でしか見られない花火です。また、文字仕掛け花火も見所の一つ。協賛された企業の名前などが夜空に浮き上がるのです。

船渡御は、神霊をのせた御鳳輦奉安船に、お囃子をする船や供奉船などが従い、天神橋のたもとから出航して造幣局や中之島のある大川を遡り、反転して下ります。

日も暮れかけた午後6時~天神橋から出発します。水面を美しく彩る船と夜空に浮かぶ花火の競演が楽しめます。

花火の日程

2016年7/25(月)19:30 20:50
荒天時は中止

tenjinsai

打ち上げ場所

川崎公園・桜之宮公園

打ち上げ数

約5000発

 
船渡御

場所 大阪 大川 

天神橋北詰付近の乗船場からスタート

午後6時~9時

約100隻、総勢1万人

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 240px-Yosakoi_Performers_at_Kochi_Yosakoi_Matsuri_2005_22
  2. 70ebd2050c8938412dc97ded4f35ff22_m
  3. 578017dd1fa3b91c4c9d97d229d00363_s
  4. 20110806222344894
  5. saijyou1
  6. niihama1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を