恵方巻きの起源は?2016年の方角は?具材に決まりはあるの?

78ec70d816031751bb86fd4d66a40a36_s
スポンサードリンク


節分というと、豆まきが定番ですがいつの頃からか、恵方巻きと呼ばれる
太巻きを食べる風習も加わりました。毎年2月に入るとスーパーやコンビニ
でも多様な種類の美味しそうな恵方巻きを見かけるようになります。
改めて、この恵方巻きの知識を自分のものにしてみると今年の節分はさらに
楽しみが倍増するかもしれません。

  

恵方巻きの起源は?

  
恵方巻きという言葉からなんとな、縁起物のような気がすると思われる
方も多いと思います。この「恵方」というのは、陰陽道でいうところの
その年一番良いとされる方角をいいます。恵方巻きの起源は諸説ありますが
有力な説として江戸時代末期に遡り、大阪の船場で商売繁盛の祈願をしたこと
から始まったとされています。大阪のごく限られた一部の風習だったものを
1998年に大手コンビニチェーンのセブンイレブンが、大々的に広めた事を
きっかけに全国的にも認知度が急速に高まりました。

  

恵方巻き2016年の方角は?

  
気になる、2016年の恵方巻きの方角ですが、下記の通りになります。

・平成28年 2月3日 干支 丙申 恵方 南南東

ということで、南南東の方角を向いて恵方巻きを食べてみてください。
厳密に南南東を向きたいときには、やはり方位磁石も必要になります。
きたる節分までに、是非用意してきたいものですね。100円以下でも入手可能
ですので、1つあると毎年重宝します。
  

スポンサードリンク


恵方巻き具材に決まりはあるの?

  
恵方巻きは、恵方に向かい歳徳神という神様呼び込む目的で食します。
その際に食す恵方巻きの具材は、七福神に由来して7種類とされています。
この7種類に関しては、様々な具材をお好みで使用して構わないようです。
コンビニなどで売られているのは、玉子焼や干ぴょう、きゅうりカニカマ
といったものが多いのですが、縁起の良い子持ち昆布や大判小判をイメージ
させる数の子などを使うのもいいですね。一節には玉子が金運を意味し
キュウリと桜でんぶが赤鬼青鬼を示しているとも言われています。鬼を食べて
厄を打ち払うということのようです。具材の決まりの他にも、恵方巻きで
忘れてはいけないのが、食べている間は決してお喋りをしてはいけない
ということです。福を呼び込み厄を払うのに、無言で食べきらなくては
いけないという決まりがありますので、ここは押さえておきたいですね。
  

まとめ

  
大阪の一部の地域で続いていた恵方巻きを、全国区に押し上げた
セブンイレブンには驚嘆しますが、豆まきばかりで物足りない節分を
もう少し奥行きのあるものにしてくれたと思うと、ありがたい限りですね。
美味しい具材を詰め込んで、無言で食べ切り福を呼び込みたいものです。  

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. fa1
  2. f4254e120dd502b8cc2100c7cee6dcf6_s
  3. 夏の甲子園
  4. f1614149add563c69c67d4f7bdf3c55f_s
  5. b4d81dc7d93165223fcd56b36e470de6_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を