桜開花予想2017は?東京での過去はどうだった?調べる方法は?

sakura24
スポンサードリンク


日本の国花といえば、言わずもがなの染井吉野です。元々日本種であった
江戸彼岸と大島桜の交配により誕生した純国産の桜が染井吉野です。
毎年行われる桜開花予想も、東京は染井吉野が標本木に定められています。
春になると桜の香りと華やかさに魅せられて、至る場所でお花見が催されます。
桜の開花が待ち遠しいですね。
  

桜開花予想2017 桜開花

  
桜前線は、一番早い沖縄県の八重カンヒ桜から始まります。染井吉野では
ありませんが、1月初めには石垣島から桜開花の知らせが届きます。
そこから、本州を横断して、最終的には北海道で締めくくられます。
北海道においても染井吉野ではなく、エゾヤマザクラという品種です。

毎年の桜開花予想は、気象庁において毎年2月初旬に第1回目が発表されてい
ました。

【ました。】過去形なのは、気象庁は2009年で開花の予想作業を終了したからです。
(注:桜の開花状況報告は継続中です。)現在は民間業者5~6社が行っているようです。

代表的な日本気象株式会社の予報をみていきましょう。
日本気象株式会社は、3月16日に2017年第7回桜の開花・満開予想を発表しました。

仙台  4月 4日
東京  3月21日
名古屋 3月27日
大阪  3月30日
福岡  3月22日

出典 :https://n-kishou.com/corp/news-contents/sakura/news2017.html

2015年は6年ぶりの暖冬となり、大規模エルニーニョ現象と気象庁が
発表しました。気象庁は来年2月まで平年より気温が高くなるという
見解を示していますので、沖縄の桜の開花も早まるかもしれませんね。
本州にはどのように影響するのか、2月の桜開花予想の正式発表が気になる
ところです。
  

スポンサードリンク


桜開花予想2017 東京 過去

  
東京の桜開花予想は、30年の記録によると、毎年3月25日頃の開花が平均的
のようです。この30年間で一番早い開花日が、2002年と2013年の3月16日
ということです。エルニーニョの影響から、2017年はこの記録に並ぶか超える
可能性もありますので、注目したいですね。お花見グッズも早めに用意して
おいたほうがいいかもしれません。

 

桜開花予想2017 桜開花予想 方法

  
そもそも、桜開花予想ってどのように行われるのかと疑問に持たれる方も
多いかもしれません。これは、全国にある各気象台や観測所が定めた桜の標本木
に花びらが開いた状態を目視して、発表されます。東京においては、靖国神社に
気象庁の定めた桜の標本木があります。全国の主要な都市の標本木は下記の通り
です。近くの標本木に気象庁より先に挨拶に行くのもおつですね。

  
・北海道 北海道神宮 札幌市中央区宮ケ丘474
・東京都 靖国神社  千代田区九段北3-1-1
・大阪府 大阪城   大阪市中央区大阪城
・愛知県 名古屋地方気象台 名古屋市千種区日和町2-18
・福岡県 福岡管区気象台 福岡市中央区大濠1-2-36
・沖縄県 末吉公園  那覇市首里末吉町1
  

気象庁 桜の開花状況
http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/sakura_kaika.html
  

まとめ

  
お花見と日本人は切っても切れない縁で結ばれています。平安時代には
万葉集において、桜を詠んだ歌が43首あり、古今和歌集においては70首
もの桜が讃えられ歌われています。海外の人々は、日本に桜前線などという
言葉があり、桜の開花を待ち望む慣習があると知ると一様に驚くそうです。
桜が咲くと心も騒ぐというのは日本人の中に存在する、ゆかしいDNAからの
賜物かもしれませんね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. iPhone 197
  2. sotugyou3
  3. hoikuen

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を