節分とは? 豆まきはどうやってするの?いわしを飾る意味は?

sethubun
スポンサードリンク


福は内!鬼は外!という元気な子供の声が至る場所から聞こえるのが節分の醍醐味ですね。

暦の上では大寒の最終日にあたりますので、非常に寒いはずなのに、節分の行事はテンションも上がり、体も妙にぽかぽかします。

この節分には具体的にどのような意味があるのでしょうか。興味津々ですね。
    

節分とはどういう意味があるの?

  
節分というのは、立春の前日にあたります。

古来から季節が移り変わる時には邪気が跋扈し、暗躍すると言い伝えられていました。

本来は立春前日以外にも立夏・立秋・立冬と行われてきた宮中行事の一つでしたが、立春の前日の邪気祓いの行事だけが、結果として節分として現在に至るまで残りました。

雑節の中でも、立春は四季の始まりを意味しますので、より重要視されてきたためでしょう。
  

節分の豆まきはどうやってするの?

  
節分の豆まきは、まず炒った大豆を用意します。その大豆を鬼門(北東)と裏鬼門(南西)と玄関に向けて撒きます。

鬼門と裏鬼門は鬼が入ってくる場所そして、通り抜ける場所として言い伝えられてきました。

そこを重点的に鬼祓いする事で厄災から逃れられるのです。

また、鬼門や裏鬼門の位置になくとも玄関は人間も神も出入りする場所として大切な場所です。

とくに福徳を預かる歳神様は玄関からやってくると信じられていますので、その玄関を清める為にも、玄関にも豆を撒きます。

鬼のお面を被った鬼役がいると臨場感が増しますので、家族の中で鬼になってもらう役を決めるのもお忘れなく。その際、厄年の人物がいれば適任と言えます。
  

スポンサードリンク


節分にいわしを飾る意味は何?

  
これは主に西日本に多くみられる風習なので、東日本に住む人々にははじめて知る事かもしれませんが、節分にいわしを食べたり飾る風習があります。

その歴史は古く、平安時代の土佐日記に既にそのような記述があり、遥か昔からの風習であることが分かります。

魔除けには臭くて鋭利なものを玄関に飾ると良いとされてきた為です。

鬼は玄関に飾られたいわしの頭に恐れをなして逃げてゆくという、言わば結界のような意味合いで飾られています。

さらにいわしは漢字にすると、魚に弱いと書きます。いわしを節分に食べることで、陰陽道の陰の気を滅するとも信じられてきました。

意外にも、いわし以外にボラを飾る地方もあるようです。
  

まとめ

  
節分の歴史を紐解くと、神秘的で現実離れした不思議な世界の入口に立たされます。

科学が発達した現代では、一笑に付すような世界観かもしれませんが、魑魅魍魎が信じられた時代の、雅やかな名残を感じつつ節分はおおいに豆を撒きたいものですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 02ed480b5e98d3c1d4d0b35f463bc097_s
  2. __
  3. zei
  4. 6ac882d4866c01fdcd740fea5b2a758e_s
  5. 7641d12cd3c9ac0b750a9b55d957e9fe_s
  6. 8d4de72256a3db974f019da67472b17e_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を