しめ縄飾りに期間ってあるの? 飾る場所は? 神社にある?

shimenawa2
スポンサードリンク


しめ縄飾りというと、お正月に玄関の外に飾られているものを容易に思い浮かべることができます。それほど、生活の中に根付いた風習では
ないかと思います。

しかし、最近ではしめ縄飾りをわざわざ飾る家というのが減少したように感じます。古来から伝わる意味深い儀式の一貫ですから面倒がらずに、しめ縄飾りを見直して、後世に繋いで行きたいですね。
  

しめ縄飾りを飾る期間は?

  
しめ縄飾りを飾る期間については、諸説ありますが年が明ける前に飾るのが習わしになっています。なるべく迅速に、12月25日過ぎから28日頃までには飾り終えたほうがいいでしょう。

29日は9が苦とも読めるため前年の苦を来年に持ち越すという意味から、避けられるようになりました。

また、大晦日に慌てて飾るのも厳禁とされています。これは一夜飾りと言い年神様に非礼だとされているからです。この年神様とは、神道の神様で毎年、お正月に各家に訪れる神様です。

恵方巻きでお馴染みの恵方神ともお歳徳(とんど)様とも呼ばれています。しめ縄飾りとは年神様を祀る依り代であり、年神様はしめ縄飾りを目印にやってくることになっています。つまりしめ縄飾りを飾るということは、1年の福徳を約束する神様を招き入れる大切な儀式の一貫なのです。

お正月を無事に迎えることができたなら、次はしめ縄飾りを外す期間になりますが、これは門松を外す松の内に一緒に外しましょう。松の内とはその名のとおり門松を飾っている期間のことで、神様に家で待って頂いている期間を指します。この松の内の期間は関東と関西では異なることが多いようです。関東では七草粥を食べる1月7日までとされています。

一方、関西では1月15日までと長くなっています。その後、しめ飾りは神社で行われるどんど焼きに出して焼いてもらうことになります。そのままゴミ箱に捨てるというようなことは避けて、近くの神社に必ず持っていきましょう。

地方によっては、どんど焼き自体行われていない場合がありますが、松の内に神社に持っていけば、古いお守りなどと一緒に焼いてもらえます。
  

しめ縄飾りを飾る場所は?

  
しめ縄飾りを用意したら、次は飾る場所ですね。これは地域によって多少異なりますが、概ねここでよいとされる場所は、玄関の外です。年神がやってくるのは、その家の玄関ですから玄関の外に目印になるように目立つように飾りましょう。また、家の中に神棚がある場合には、神棚に飾っても構いませんし、玄関と神棚の両方に飾っても間違いではありません。

ここで注意したいのが、神棚に飾る際には御札を置く場所にしめ縄飾りが引っかからないようにすることです。御札を隠すような飾り方になってしまうのは縁起が悪いので、神棚の横に飾るか、しめ縄飾りではなく本来のしめ縄を取り付ける方が良いです。牛蒡注連や大根注連など種類も様々です。
  

スポンサードリンク


しめ縄飾りは神社にあるの?

  
しめ縄飾りが役目を終えたあとは、速やかに神社に持ち寄りましょう。

どんど焼きという行事があり、お清めの後にお焚き上げしてくれます。事前にいつごろ近くの神社でどんど焼きが行われるのか、調べておく必要があります。もし、どんど焼きに間に合わなくとも、神社では定期的に古いお守りをお焚き上げしていますから、しめ縄飾りも受け取ってくれます。

どうしても神社が近くにない時には、庭がある家ならばは庭で燃やして土に還すという方法でも良いとされています。その場合は丁寧に年神に感謝の言葉を捧げ、左右、中央に粗塩をかけて浄めとします。

また近所の小さな神社では、どんど焼きを行っていない所もあります。大きなしめ縄飾りを自宅で処分するにも庭がないという時には、粗大ゴミで回収してもらうしかありません。しかしあまりにも気が引けるというのならば、少し遠出してでも然るべき神社に預けるられるように努めましょう。

神社には社格というものがあり、各都道府県で一番社格の高い神社を一宮と呼びます。どの神社に行けばいいのか分からない、という時には取り敢えず一宮を目指すのが肝要です。一宮であれば、ホームページも開設しているところが多く、どんど焼き情報なども記されています。または直接電話で尋ねれば、丁寧に教えてくれるはずです。

・日本諸国の一之宮一覧表
http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage574.html
上記HPを御覧ください。簡単に確認できます。神社に祀られている御祭神も記されています。これを機に神様に対しても敬いの気持ちを持つと益々良いことがありそうですね。

・日本全国一之宮マップ
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zXyBafpOx40I.kCubk4YpvawA
日本地図から探せるので、見つけやすくて便利です。
  

まとめ

  
しめ縄飾りが神様の依り代であることを知ると、何となく荘厳な威厳を感じてしまいますね。ただのお正月飾り、と思っていた事に畏れのようなものを感じた人もいるかもしれません。

今年からでも本格的なしめ縄飾りを用意して神様をお迎えしたいですね。来年も佳き一年であるように、心から祈念しながらしめ縄飾りを飾りましょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. b2c2919d70a900a5555b7108c096b25e_s
  2. ma1
  3. baed6292f6fee904c078223cfafb013f_s
  4. f4254e120dd502b8cc2100c7cee6dcf6_s
  5. 78ec70d816031751bb86fd4d66a40a36_s
  6. 83734313b240ff4e4dbe2e03613c1c5f_s

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を