おせち料理の意味や由来は?伊達巻は?かまぼこは?

osechi
スポンサードリンク


日本人ならば、お正月に一度はおせち料理を食べたことがあるのでは
ないかと思います。生まれた時から、毎年用意する家庭もあれば
数年に一度市販のものを食べるという家庭と、様々ではありますが
日本文化に根付いたおせち料理について、今こそ知っておくと食べるとき
に一層美味しく感じるかもしれませんね。
  

おせち料理の意味や由来は?

  
おせち料理の意味や由来を考えながら食べている人の方が少ないと思います。
しかし、知っておいて損はありません。おせち料理のひとつひとつの品に意味が
あり由来があると分かれば、漫然と食べて終わり、ということがなくなります。

おせち料理の起源は中国にあります。中国から伝わった五節供の行事に由来
します。五節供とは季節の節目にあたる節日です。奈良時代には、節会として
朝廷内にて儀式が行われるようになりました。節会で供えられる食べ物が後に
おせち料理と呼ばれるようになります。五節供は下記のような5つに分けられます。

・人日じんじつ(1月7日)
・上巳じょうし(3月3日)
・端午たんご(5月5日)
・七夕しちせき(7月7日)
・重陽ちょうよう(9月9日)

江戸時代になり、幕府が正式に祝日と定めて五節句となりました。おせち料理
「おせち」というのは本来は五節句全てに祝儀料理として用意しなくてはいけない
事になっています。しかし庶民に広がりを見せる中で、人日が1月7日ではなく
お正月におせち料理を食べるという風習になり、人日には節句料理の名残として
七草粥を食べることになったそうです。
  

スポンサードリンク


おせち料理の意味 伊達巻は?

  
おせち料理の中でも甘くて、デザート感覚で食べられるということで、伊達巻は
栗きんとんに次いで人気があります。おせち料理にはそれぞれ意味がありますが
伊達巻にも諸説あります。伊達政宗にあやかり、華やかで派手な卵焼きという所
から伊達巻という説や、伊達巻が巻物に似ているところから、学業向上や知的な
発展を意味するとも言われています。一番有力なのは、江戸時代に長崎から伝え
られたカステラ蒲鉾が伊達者たちの着物の柄に似ていたからというものです。
当時の伊達者は華やかな文化の先駆者です。今で言うファッションリーダーのよう
な存在ですから彼らの華美さを、おせち料理に利用したのかもしれません。
伊達巻は重箱に入るだけで、確かに賑やかな明るい印象になります。お正月です
から、縁起物として最良に感じた庶民たちが好んだことから始まったのかもしれ
ませんね。
  

おせち料理の意味でかまぼこは?

  
おせち料理の彩りで欠かせないのが、かまぼこです。必ずおせち料理に入って
いますが、意味までは考えたことがなかったかもしれません。そこで原点に立ち返り
おせち料理の意味を考えるとき、縁起物というキーワードが頭をよぎりますね。
そうです。かまぼこも縁起物なのです。かまぼこの形は日の出に似ています。
元旦のご来光と、これから一年が日の出の勢いで、高く駆け上がるという意味が
込められています。また、おせち料理のかまぼこは紅白ですが、紅白は赤が出生
白が死を意味し人生を表すとも言われています。おせち料理の意味はかまぼこの
色にまで及んでいたのかと驚きを隠せませんが、健やかな日の出の清らかさと力強さ
を兼ね備えた良い人生を送れますようにという深い思いが、そこにはあったのかも
しれません。そう考えると、お正月のかまぼこの値段が幾分普段より高くても
仕方ないかと、諦めも付きますね。
  

まとめ

  
こうして、おせち料理の由来や意味などを知ると、先人たちの祈りが込められて
いることに気付きます。現代のように医学が発展していない、古代から江戸、そして
明治と、日本人はおせち料理に家族の無病息災を真から願ったのだと分かります。
おせち料理の意味など考えずとも生きていける現代だからこそ、今一度見直して
感謝の気持ちで、おせち料理を食べたいものですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tishikoshisoba

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ


  
amazonで楽しく豊かな生活を